Twitterでのなりすましアカウントへの対応策を発表、8ドルでの認証マーク配布は詐欺やスパムと戦う唯一の方法 | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

Twitterでのなりすましアカウントへの対応策を発表、8ドルでの認証マーク配布は詐欺やスパムと戦う唯一の方法

イーロン・マスクによれば、Twitter で他者のふりをするアカウントは、明確に「パロディ」と表示しないかぎり、事前の警告なしで永久凍結の対象になります。

製品・サービス・業界動向
Twitter、なりすましや紛らわしいアカウントは警告なし即永久凍結へ。「認証マーク」一般販売へ対応
  • Twitter、なりすましや紛らわしいアカウントは警告なし即永久凍結へ。「認証マーク」一般販売へ対応
  • Twitter、なりすましや紛らわしいアカウントは警告なし即永久凍結へ。「認証マーク」一般販売へ対応
  • Twitter

Twitterの新CEOイーロン・マスクが打ち出した「誰でも月額課金で青いチェックマーク(認証マーク)が買える」施策に関連して、懸念された「なりすまし」や著名人・企業などと紛らわしいアカウントへの対応策が明らかになりました。

イーロン・マスクによれば、Twitter で他者のふりをするアカウントは、明確に「パロディ」と表示しないかぎり、事前の警告なしで永久凍結の対象になります。

Twitter を買収したイーロン・マスクは、現在一部の地域で提供している月額課金プラン Twitter Blue を月8ドルに値上げするとともに、青いチェックマークの「認証マーク」を特典とする施策を準備しています。

アカウント名の後ろに付く青いチェックマーク「認証マーク」は従来、著名人や企業、報道関係者など、なりすましの害が多いアカウントに対して、Twitterが「プロフィールどおりの本人であることを確認しました」の意味で付与してきました。

基本的にはTwitter社が選定した特定のアカウントに与えられるもので、自分からリクエストする場合は地域の上位0.05%に入るフォロワー数であったり、特定リーグ以上に所属するスポーツ選手であるなど、厳しい条件が課せられていました。

(それにしては創業者のお母さんに与えたり、なぜ認証済みなのか分からないアカウントも多数ありますが)。

イーロン・マスク、Twitterの認証マーク課金方針を認める。作家キングの「むしろお前らが私に払え」に月8ドルへの値下げ提案 | テクノエッジ TechnoEdge

イーロン・マスクはこの認証マークに対して、「貴族と平民のような現在の仕組みはクソ」「民衆に力を」と称して、月に8ドル払えば従来よりも広く一般ユーザーでも着けられる仕組みを用意させています。(エンジニアを「11月7日までに実施できなければ解雇」と脅したとの報道も)。

新 Twitter Blue 有料プランに加入すると、青いチェックマークのほかに「リプライやメンション、検索等で自分のツイートやアカウントが優先的に表示される」「広告が半分に減り、残りも関連性が高くなる」「長い動画を投稿できるようになる」など。

イーロン・マスクはこの8ドルの認証マーク配布について、「詐欺やスパム、Botと戦う唯一の方法」として、支払手段があり認証マークがあるユーザーは基本的に信頼できるTwitterを作ろうとしています。

Twitter、月8ドルで認証マークの販売を開始「あなたもセレブや企業や政治家のように青いチェックマークが持てます」 | テクノエッジ TechnoEdge

しかしこの「誰でも認証マーク」プランの当初から懸念点として指摘されているのは、多数の一般ユーザーの加入を前提としたこの仕組で、どの程度の「認証」(本人確認)があるのか、 逆に紛らわしいアカウント名に認証マークをつけて良からぬことを企むユーザーが増えるのではないかという点でした。

Twitter は新Twitter Blueに加入する際、身分証明書等を提出するような本人確認があるのか等を明らかにしていません。

もし仮に支払手段さえ登録できれば加入できるのであれば、従来は「本人であることをTwitterが審査して認証した」の意味であったところが、今後は「クレジットカード等の支払い情報が有効であったことを認証しました」マークになる可能性もあります。

イーロン・マスクがツイートしたのは、こうした懸念に対するコメント。

いわゆるなりすましアカウントや、誰か他人のふりをするアカウントに対しては、明確に「パロディ」である旨を表示しない限り、無警告で永久凍結になるとの内容です。

背景として、イーロン・マスクによる買収の前から、いわゆる悪意のある「なりすまし」行為はTwitterルールで禁止されており、凍結等の対象でした。

他のTwitter利用者の快適性を損なうような形で、個人、グループ、組織になりすましたり、捏造されたアイデンティティを使用したりする行為は禁止されています。

(Twitterヘルプセンター「パロディ、コメンタリー、ファンアカウントに関するポリシー」)

一方で、アカウントやプロフィールの一部に著名人などの名前を使いつつ、詐欺行為や悪意ある誤情報の拡散等を目的とせず、パロディの形式で表現したりファンの立場で発信するアカウントを区別して保護するため、アカウント名とプロフィールの両方に「パロディ」「偽」「ファンアカウント」等と明確に表示する条件を設けて処罰の対象外としています。

イーロン・マスクが発表した新方針も、原則的には従来のルールに沿ったもの。しかし従来は警告を与えてから凍結の流れになっていたところ、今後はTwitter Blue 有料プランへの加入条件としてパロディアカウントの明示を厳格化し、違反には即凍結をもってあたるとの説明です。

また「誰でも認証マーク」で懸念されたもうひとつの点、認証マークを取得してから名前を変更した場合は?については、名前を変更した時点で認証マークを一時的に失うとのルールが示されています。

明解なようでいて、実際の運用としては「なりすましでない」かどうかの判定は極めて難しい気もしますが(「ダース・ベイダー本人です」とかはともかく)、このように厳格なルールを設けることで、事後にでも永久凍結のリスクがあることは悪用に対して一定の抑止力になると考えられます。

(もちろん、認証マークが誰でも取得できるようになった直後のタイミングで、アシがつきにくい手段で8ドルを支払い、詐欺を働いて逃げることも可能ですが、少なくとも支払手段の登録が一定の抑止力にはなります)

Twitter、著名人には「公式マーク」を新設へ。青い認証マークは月8ドルで一般人に販売 | テクノエッジ TechnoEdge

Twitter、なりすましや紛らわしいアカウントは警告なし即永久凍結へ。「認証マーク」一般販売へ対応

《Ittousai》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ラック「SASEスターターサービス by Netskope」を提供

    ラック「SASEスターターサービス by Netskope」を提供

  2. ネットワーク経由で安全に個人情報を授受できる新サービス(大日本印刷)

    ネットワーク経由で安全に個人情報を授受できる新サービス(大日本印刷)

  3. 大阪府警 三人のサイバー犯罪捜査官

    大阪府警 三人のサイバー犯罪捜査官

  4. Googleアカウント無効化管理ツールの使い方

  5. ApacheのサーバがXSSでセッションハイジャック、パスワード流出の可能性(Apache)

  6. 通信障害の再発防止対策をまとめた報告書を総務省に提出(NTTドコモ、KDDI)

  7. 新たに「なりすまし」「自傷行為」「個人情報を記載したツイート」についてもツイートから直接報告可能に(Twitter)

  8. 2022年の日本人の優しさを調査した社会実験、セキュリティ管理プラットフォーム S4 プロジェクト中間報告

  9. 大阪府警察、令和4年度サイバー犯罪捜査官 採用選考受付 8月1日から

  10. 地滑り監視など防災用途での活用を想定した画像計測ソリューションを発売(ニコン・トリンブル)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×