CrowdStrike「2022 年版Falcon OverWatch脅威ハンティング報告書」を公開 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

CrowdStrike「2022 年版Falcon OverWatch脅威ハンティング報告書」を公開

 クラウドストライク株式会社は10月19日、「Nowhere to Hide: 2022 Falcon OverWatch Threat Hunting Report(敵に逃げ場なし:2022 年版Falcon OverWatch脅威ハンティング報告書)」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン

 クラウドストライク株式会社は10月19日、「Nowhere to Hide: 2022 Falcon OverWatch Threat Hunting Report(敵に逃げ場なし:2022 年版Falcon OverWatch脅威ハンティング報告書)」を発表した。

 同報告書はFalcon OverWatchが2021年7月1日から2022年6月30日の期間、グローバルで実施した脅威ハンティングで得られたインサイトを掲載、詳細な攻撃データと分析結果、ケーススタディ、実用的な推奨事項が含まれている。

 Falcon OverWatch脅威ハンターチームでは該当期間に、侵入の試みを77,000回以上検出、7分あたり約1回に相当している。また、サイバー犯罪者(eCrime)のブレイクアウトタイム(攻撃者グループが最初の侵害から水平移動して被害を受けた環境内の他のホストに移動するまでの平均時間)が、「2022年版 CrowdStrikeグローバル脅威レポート」で報告された1時間38分から1時間24分に短縮し、eCrimeによる侵入のうち約3分の1(30%)で、攻撃者グループが30分以内に水平移動を行っていることが明らかになった。

 CrowdStrike Threat Graphでインデックス処理した全検知数のうち、マルウェアフリー攻撃の割合が71%を占めたが、その要因として、攻撃者グループ有効なクレデンシャルを悪用して被害者環境へのアクセスや永続化を行うことが多いこと、新たな脆弱性を悪用するスピードが増している点を挙げている。

 その他、同報告書では、インタラクティブな侵入のうち43%をeCrimeが、18%を国家主導型攻撃者グループが占めたことや、インタラクティブ型侵害の攻撃対象となった上位5つの業界が、テクノロジー(19%)、通信(10%)、製造(7%)、学術(7%)、ヘルスケア(7%)であったこと、国家主導型攻撃者グループの攻撃対象となった上位5つの業界が、通信(37%)、テクノロジー(14%)、行政(9%)、学術(5%)、メディア(4.5%)であったことが明らかになっている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  2. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  3. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  4. 2023年届出件数 過去最高 100万件超え「フィッシングレポート 2024」公開

  5. パスワードを使いまわす人は4~5割、自分で記憶や紙にメモが2トップ

  6. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  7. 2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

  8. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  9. SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

  10. NRIセキュア「企業における情報セキュリティ実態調査 2023」公表、日本の生成 AI 導入済企業 18.0%

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×