ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開 | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

 ガートナージャパン株式会社は9月26日、「日本におけるセキュリティ(インフラ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2022年」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2022年

 ガートナージャパン株式会社は9月26日、「日本におけるセキュリティ(インフラ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2022年」を発表した。

 本ハイプ・サイクルでは、セキュリティの中でも特にセキュアなインフラとリスク・マネジメントを実現しながら企業のビジネスやサービス・データを保護する24のテクノロジ・手法・概念を取り上げている。

 2022年版では新たに、アタック・サーフェス・マネジメント(ASM)、セキュリティ・レーティング・サービス、侵入・攻撃シミュレーション(BAS)、SSE(セキュリティ・サービス・エッジ)、サイバーセキュリティ・メッシュ・アーキテクチャの5項目を追加している。

 ガートナーのアナリストでバイス プレジデントの礒田優一氏は「セキュリティへの投資を検討している組織は、急速なデジタル化の進展と脅威の変化に対応するために、取り組みの優先順位を定期的に調整すべきです」とコメントしている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. パスワードを使いまわす人は4~5割、自分で記憶や紙にメモが2トップ

    パスワードを使いまわす人は4~5割、自分で記憶や紙にメモが2トップ

  2. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

    フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  3. 住まいの耐震診断を実施している人は3割弱、防災に関する世論調査の結果を公表(内閣府)

    住まいの耐震診断を実施している人は3割弱、防災に関する世論調査の結果を公表(内閣府)

  4. 戦略にサイバーレジリエンス取り入れ ~「東芝グループ サイバーセキュリティ報告書2024」

  5. 法人向けセキュリティ市場予測、2027年1兆3,000億円

  6. ランサムウェア身代金の平均支払額は約54万ドルと過去最高を記録、パロアルト調査

  7. Z世代の6割がSNS上のフェイクニュース・デマを信じた経験

  8. NISTサイバーセキュリティフレームワーク V2.0 の変更点は? NTTデータ先端技術解説

  9. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  10. 子どものスマホ利用に対する保護者の取組み、「フィルタリング」が43.6%で最多に

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×