IPFS はフィッシングの“理想的”インフラか | ScanNetSecurity
2024.02.22(木)

IPFS はフィッシングの“理想的”インフラか

 脅威グループは以前にも増して、インタープラネタリー・ファイル・システム(IPFS)の P2Pデータサイトでフィッシング攻撃をホストするようになってきている。理由は、この共有システムが分散型であるためだ。悪意あるコンテンツの効果は増し、隠すのも容易になる。

国際
分散型である IPFS ネットワークがフィッシングの温床となりつつある ~ 検知削除が困難

 脅威グループは以前にも増して、インタープラネタリー・ファイル・システム(IPFS)の P2P データサイトでフィッシング攻撃をホストするようになってきている。理由は、この共有システムが分散型であるためだ。悪意あるコンテンツの効果は増し、隠すのも容易になるのだ。

 サイバーセキュリティベンダーである Trustwave の脅威分析担当者は今週、インタープラネタリー・ファイル・システム(IFPS)の URL を含んだフィッシングメールの増加が確認されていることから、IFPS は「フィッシングの新たな温床」になりつつあると述べた。

 一方、フィッシング対策の企業である SlashNext の創業者兼チーフ・プロダクト・オフィサーのアティフ・ムシュタクは The Register に対し、同社は ipfs.io、cloudflare-ipfs.com およびその他のベンダーのシステムでホストされているフィッシングを検知していると述べた。

 「この種の攻撃は、信頼されたドメインを使ってフィッシング攻撃をホストするハッカーたちの進化の一端です」とムシュタクは語った。「信頼されたドメインを使うメリットは、ユーザーを守るため様々な組織で広く使われている、評判ベースの脅威検知システムで検知するのがとても難しいからです」

  Trustwave の研究者は今週のブログの記事で、過去 90 日間で IPFS を使ったフィッシングURL を含むメールを 3,000 通以上確認していると記しており、さらに「 IPFS はフィッシング・ウェブサイトのプラットフォームとしてますます人気になりつつあるのは明白である」と続けた。

 フィッシングは今もって企業にとっての悩みの種であり、サイバー犯罪者にとってユーザーシステムを侵害し、悪意あるペイロードに道を開く主要手段である。サイバーセキュリティ企業の Proofpoint が今年に入ってから出した報告書によれば、調査を受けた 4,000 人以上のうち 83 %が、自分の会社が 2021 年中に少なくとも 1 回、メールによるフィッシング攻撃を受けており、また 78 %の組織が メールによるランサム攻撃を確認したとされている。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  2. 乗っ取った正規サイトは七万件 最新マーケ技術駆使し犠牲者誘導、明らかになってきた犯罪ネットワーク VexTrio

    乗っ取った正規サイトは七万件 最新マーケ技術駆使し犠牲者誘導、明らかになってきた犯罪ネットワーク VexTrio

  3. セキュリティ基準を満たさない病院の政府補助金打ち切り案

    セキュリティ基準を満たさない病院の政府補助金打ち切り案

  4. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  5. 「企業のお粗末なセキュリティ対策の違法化」「身代金支払い全面禁止」~ 有効な立法施策とは?

  6. ドメイン管理事業者 GoDaddy へソーシャルエンジニアリング攻撃、仮想通貨サービス企業はどこまで被害を受けたか

  7. ペンタゴン、日常的にハッカー攻撃を受ける(米国防総省)

  8. サイバー捜査網:5 人の新しいハッカーたちが、FBI の「最重要指名手配」リストに仲間入り~「Operation Ghost Click」は最後の容疑者を追っている(The Register)

  9. [BlackHat2013] RFIDを3フィート離れた距離からハッキング

  10. そのセキュリティ専門家は「ニセ サイバーサマリア人(善人のふりをした悪人)」ではありませんか? 九つの特徴

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×