高専機構とNEC、サイバーセキュリティ分野の人材育成強化で連携 | ScanNetSecurity
2022.10.05(水)

高専機構とNEC、サイバーセキュリティ分野の人材育成強化で連携

 独立行政法人国立高等専門学校機構と日本電気株式会社(NEC)は7月22日、サイバーセキュリティ分野における人材育成強化を目的とした包括連携協定の締結を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 独立行政法人国立高等専門学校機構と日本電気株式会社(NEC)は7月22日、サイバーセキュリティ分野における人材育成強化を目的とした包括連携協定の締結を発表した。

 本協定で高専機構とNECは、全国の国立高専を対象に、教職員とNECの専門技術者との情報交換などによる最新動向の共有や、学生が活用できるサイバーセキュリティ演習環境の提供、体系的なセキュリティ知識習得のための教材作成などを共同で行い、デジタル技術を担うエンジニアの人材育成・輩出に貢献する。

 包括連携協定を通した取り組みには下記の通り。

1.教職員と専門技術者の情報交換
 高専機構が設置・運営する全国の国立高専の教職員とNECの専門技術者との定期的な情報交換で、最新のサイバー攻撃の動向や技術トレンドを共有。

2.サイバーセキュリティ演習環境の拡充
 NECグループの営業・SEが利用するサイバーセキュリティ訓練場やCTFなどの演習環境を学生向けに提供し、実践力強化を図る。

3.体系的なセキュリティ知識習得のための教材提供
 NECが全社員向けに実施するセキュリティ教育コンテンツを活用した教材を提供し、学生全体の体系的なセキュリティ知識習得を促進。

4.高専機構による各地域でのセキュリティコミュニティ活性化
 高専機構が参画する全国各地域のセキュリティコミュニティへNECも参画し、コミュニティ活動の活性化を通し人材育成を推進。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×