LGWAN-ASPサービス「LGTalk」にスクリーンショット制限機能を新たに搭載 | ScanNetSecurity
2022.08.18(木)

LGWAN-ASPサービス「LGTalk」にスクリーンショット制限機能を新たに搭載

 シフトプラス株式会社は7月1日、自治体の業務効率改善のため、LGWANとインターネット両方で使用できるLGWAN-ASPサービス「LGTalk」へのスクリーンショット制限機能の搭載を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 シフトプラス株式会社は7月1日、自治体の業務効率改善のため、LGWANとインターネット両方で使用できるLGWAN-ASPサービス「LGTalk」へのスクリーンショット制限機能の搭載を発表した。

 「LGTalk」は、LGWAN-ASP登録団体であるシフトプラスが提供する、LGWAN環境で利用できるビジネスチャットツールで、一般的な民間のビジネスチャットと同様に、トークルーム内での複数人同時チャットなどの基本機能を網羅している。

 同社では、スマホアプリ版「LGTalk」の追加セキュリティ機能として、スクリーンショットを制限する機能を追加、管理サイトで「モバイル端末でのスクリーンショットを禁止する」を選択すると、組織に所属するユーザーがアプリ利用時にスクリーンショットを撮影できなくなる。

 「LGTalk」は1アカウント月額300円から利用できる。同社から無償デモも提供している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×