市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

 6 月 19 日、エルサレムやイスラエル南部で 1 時間以上にわたって空襲警報が鳴り響いたが、空襲は実際には起きなかった。一部では、イランが警報を誤作動させたのではないかという声が上がっている。

国際 TheRegister

 6 月 19 日、エルサレムやイスラエル南部で 1 時間以上にわたって空襲警報が鳴り響いたが、空襲は実際には起きなかった。一部では、イランが警報を誤作動させたのではないかという声が上がっている。

 犯人は不明のままだが、イスラエルの国家サイバー総局はツイッターで、サイバー攻撃の可能性を強調した。そしてその理由として、当初はイスラエル国防軍の警報が作動したと考えられていたが、実際には自治体の管理する広報システムだったことを挙げている。警報は、紅海に面する港町エイラットでも鳴った。


《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×