東京労働局の業務委託先でEmotet感染、メールアドレスや氏名等の個人情報が流出 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

東京労働局の業務委託先でEmotet感染、メールアドレスや氏名等の個人情報が流出

 厚生労働省東京労働局は4月28日、Emotet感染による個人情報の漏えいについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 厚生労働省東京労働局は4月28日、Emotet感染による個人情報の漏えいについて発表した。

 同局では、世田谷地域における「令和3・4年度地域若者サポートステーション事業」を特定非営利活動法人ワーカーズコープに業務委託していたが、業務委託先では3月1日にせたがや若者サポートステーションの事務所で同法人の法人本部職員を名乗る「なりすましメール」を受信し、添付されたExcelファイルを開封したところEmotetに感染し、委託事業の利用者などのメールアドレス宛に「なりすましメール」が送信された。翌3月2日に、複数の利用者から同法人職員や関係者を名乗る不審メールを受信したとの連絡があり、メールアドレスや氏名等の個人情報漏えいの可能性が判明した。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×