マイクロソフトがロシアでの製品とサービス提供を3月4日から停止 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

マイクロソフトがロシアでの製品とサービス提供を3月4日から停止

ソニーによる一部タイトルの配信停止も確認されています。

国際 海外情報

マイクロソフトは、3月4日からロシアでの製品ならびにサービスの提供を停止すると発表しました。同社による買収合意が報じられているアクティビジョン・ブリザードも、同日にロシアでのゲーム販売停止を報告。そして3月6日にはEpic Gamesが自社ゲームにおけるロシアとの商取引の停止をツイートしています。

先日、CD PROJEKT REDとBloober Teamに加え、エレクトロニック・アーツがロシアとベラルーシでのゲームタイトル販売を中止したことを発表しました。ウクライナ副首相のミハイロ・フェドロフ氏は、上記各社にロシア向けサービス提供を辞めるよう呼び掛けており、一連の決定はその要請に応えたものと考えられます。

一方、同じくフェドロフ副首相にメンションを付けられている任天堂も、ロシア向けニンテンドーeショップのサービス提供を一時的に中断しているものの「使用している決済サービスがルーブルでの支払い処理を停止したため」と説明していました

なお、ソニーに関してはEurogamerが、『グランツーリスモ7』がロシア向けPlayStation Storeで購入できなくなっていることを報道しています。記事執筆時点(3/7 11:32)で同社はウクライナに対する200万ドル(約2億円)の資金援助を発表していますが、ゲームタイトル販売停止についてはコメントしていません。


マイクロソフトがロシアでXbox含む全製品の販売を停止―アクティビジョンやEpic Gamesも続く

《ケシノ》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×