経済産業省と金融庁、昨今の情勢を踏まえセキュリティ対策の強化について注意喚起 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

経済産業省と金融庁、昨今の情勢を踏まえセキュリティ対策の強化について注意喚起

経済産業省は2月23日、昨今の情勢を踏まえたサイバーセキュリティ対策の強化について注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威

 経済産業省は2月23日、昨今の情勢を踏まえたサイバーセキュリティ対策の強化について注意喚起を発表した。金融庁でも2月23日に、昨今の情勢を踏まえたサイバーセキュリティ対策の強化について、金融機関への周知を徹底するため、業界団体等を通じて広く金融機関に注意喚起を行っている。

 経済産業省ではリスク低減のための措置として、パスワードが単純でないかの確認、アクセス権限の確認・多要素認証の利用・不要なアカウントの削除等による本人認証の強化、IoT機器を含む情報資産の保有状況の把握、VPN装置やゲートウェイ等のセキュリティパッチの迅速な適用、メールの添付ファイルを不用意に開封しないことを挙げている。

 インシデントの早期検知のため、サーバ等における各種ログの確認、通信の監視・分析やアクセスコントロールの再点検を行い、不審な動きを把握した場合は、早期対処のために速やかに経済産業省やセキュリティ関係機関に相談するよう呼びかけている。

 インシデント発生に備え、データのバックアップの実施及び復旧手順の確認や、対処手順を確認するよう推奨している。

 また国外拠点等についても、国内の重要システム等へのサイバー攻撃の足掛かりになる恐れがあり、国内のシステム等と同様の具体的な支援・指示等でセキュリティ対策を実施するよう協力を依頼している。

 なお2月24日は、ロシアがウクライナへ軍事侵攻したことが国際的に報じられている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. クリックしていないのにアダルトサイトに登録させる「ゼロクリック詐欺」(シマンテック)

    クリックしていないのにアダルトサイトに登録させる「ゼロクリック詐欺」(シマンテック)

  2. 「日本で撮影されたUFO」写真からサポート詐欺に誘導 トレンドマイクロ注意喚起

    「日本で撮影されたUFO」写真からサポート詐欺に誘導 トレンドマイクロ注意喚起

  3. Windows 11のスクリーンショット、黒塗りを復元できる可能性

    Windows 11のスクリーンショット、黒塗りを復元できる可能性

  4. Minecraft Java Edition にディレクトリトラバーサルの脆弱性

  5. JAFを装うフィッシングサイトに注意喚起

  6. CrowdStrike Blog:Kaseya社への攻撃で使用されたランサムウェア「REvil」をCrowdStrike Falconが阻止した方法

  7. サポート終了の「Internet Explorer 11」、企業が対応すべきポイント

  8. TP-Link RE300 V1 の tdpServer に入力データの不適切な処理に関する脆弱性

  9. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  10. ベビー用品の販売を装う詐欺サイトが増加、実被害も発生--月次レポート(BBソフトサービス)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×