キヤノン製レーザープリンターとスモールオフィス向け複合機にバッファオーバーフローの脆弱性 | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

キヤノン製レーザープリンターとスモールオフィス向け複合機にバッファオーバーフローの脆弱性

 キヤノン株式会社とキヤノンマーケティングジャパン株式会社は2月25日、レーザープリンター及びスモールオフィス向け複合機におけるバッファオーバーフローの脆弱性について発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 キヤノン株式会社とキヤノンマーケティングジャパン株式会社は2月25日、レーザープリンター及びスモールオフィス向け複合機におけるバッファオーバーフローの脆弱性について発表した。

 同社によると、キヤノン製レーザープリンター及びスモールオフィス向け複合機でバッファオーバーフローの脆弱性を複数確認しており、有線ルータあるいはWi-Fiルータ等を介さずにインターネットに直接接続している場合、インターネット上の第三者に任意のコードを実行されるかサービス運用妨害(DoS)攻撃を受ける可能性がある。

 なお現時点で本脆弱性を利用した被害は確認されていない。

 キヤノンでは、製品はインターネットに直接接続せずに、ファイアーウォール製品や有線ルータあるいはWi-Fiルータで構築した安全なプライベートネットワークでインターネットにアクセスできる環境で、プライベートIPアドレスを設定し使用するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×