サーバーワークスやfjコンサルティングら5社でPCI DSS AWS Users Consortium Japanを発足 | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

サーバーワークスやfjコンサルティングら5社でPCI DSS AWS Users Consortium Japanを発足

株式会社サーバーワークスは12月16日、fjコンサルティング株式会社、株式会社琉球銀行、株式会社GRCS、株式会社リンクと共同で、「PCI DSS AWS Users Consortium Japan 」の発足を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社サーバーワークスは12月16日、fjコンサルティング株式会社、株式会社琉球銀行、株式会社GRCS、株式会社リンクと共同で、AWSを活用したPCI DSS準拠のナレッジをAWS及びPCI DSSのユーザーに情報発信するコンソーシアム「PCI DSS AWS Users Consortium Japan (略称:PCI DSS AUC Japan)」の発足を発表した。

 同コンソーシアムでは、「PCI DSS」を中心としたAWSにおけるキャッシュレス決済のセキュリティ構築と運用について、グローバルトレンドから最新の導入、運用事例などの知⾒を集め、発信することを目的に、AWSの各種サービス利用を前提とした取り組みについて情報共有していく。

 同コンソーシアムの2022年以降の活動として、AWSが提示するPCI DSSの責任共有モデルに関し実務に有用なマッピング表の作成、2022年3月発行予定のPCI DSS v4.0の改訂ポイント、特にAWSに関連する部分をホワイトペーパーとして公開することや、活動内容を取りまとめた成果物などを発表するセミナーの実施を予定している。

 同コンソーシアムでは、PCI DSS準拠が求められるユーザ企業会員を募集しており、会員になると各種ドキュメントへのアクセス、特別セミナーへの参加、テーマのリクエストなどの特典を受けられる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×