Active Directoryのセキュリティ強化、有効化を推奨 | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

Active Directoryのセキュリティ強化、有効化を推奨

 日本マイクロソフト株式会社は12月14日、IT管理者向けにActive Directoryのセキュリティ強化への対応の確認を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 日本マイクロソフト株式会社は12月14日、IT管理者向けにActive Directoryのセキュリティ強化への対応の確認を発表した。

 マイクロソフトの2021年11月以降のセキュリティ更新プログラムには、脆弱性を解決するためにActive Directory における4件のセキュリティ強化が含まれているが、いくつかは既存の環境への互換性による影響を鑑み、既定では有効にされていない。マイクロソフトでは、自環境への影響を考慮した上で、早めに設定を有効化し、脆弱性から自組織を保護するよう推奨している。

 マイクロソフトでは今後、すべてのActive Directory環境が確実に保護されるように、リリース予定の更新プログラムでは強制的に有効化する予定。

 4件のセキュリティ強化内容は下記の通り。

・Active Directory セキュリティアカウントマネージャーの変更の強化(CVE-2021-42278 / KB5008102)
・ユーザー プリンシパル名、サービス プリンシパル名、サービス プリンシパル名のエイリアスの一意性の検証(CVE-2021-42287 / KB5008382)
・認証の更新プログラム(CVE-2021-42287 / KB5008380)
・Active Directory のアクセス許可の更新プログラム(CVE-2021-42291 / KB5008383)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×