JPRS、ドメイン管理関連 2021年 5大事件公表 | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

JPRS、ドメイン管理関連 2021年 5大事件公表

 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は12月15日、ドメイン名ニュース担当者が2021年のニュースの中から選んだ大きな話題を5つを発表した。選ばれたニュースは下記の通り。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は12月15日、ドメイン名ニュース担当者が2021年のニュースの中から選んだ大きな話題を5つを発表した。選ばれたニュースは下記の通り。

1.大手SNSなど複数のサービス DNSの運用ミスによる大規模障害が発生

 2021年9月から10月にかけ、大手SNSなど複数のサービスでDNSの運用ミスに起因する大規模障害が相次いで発生、現地時間9月30日には、Slackでの世界的な接続障害が、現地時間10月4日にはFacebookとInstagram、WhatsAppにおいても世界的な接続障害が発生した。

2.新型コロナウイルスの影響によるドメイン名業界関連会合・イベントのオンライン開催が継続 ハイブリッド開催に向けた動きも

 国内では4月の「Interop Tokyo 2021」や7月の「JANOG48 Meeting」など、インターネット関連の展示会やイベントが、オンライン会場と現地会場での開催を合わせた、ハイブリッド形式で開催された。

3.「.com」の値上げの動き

 「.com」のレジストリであるVerisignは、9月1日から「.com」のレジストラ向け料金を7.85米ドルから8.39米ドルに値上げした。これまで「.com」のレジストラ向け料金は、VerisignとICANNのレジストリ契約(.com Registry Agreement)によって年間の値上げ上限が設定されていたが、この制約が2020年3月の契約の修正で廃止されている。

4.アジア太平洋地域におけるMルートサーバの拠点追加

 M-Rootの拠点は、これまで世界5都市(東京・大阪(日本)、ソウル(韓国)、パリ(フランス)、サンフランシスコ(米国))にあったが、更なる安定と発展を実現するため、2020年から2021年にかけてアジア太平洋地域におけるMルートサーバー(M-Root)の拠点増設が進んだ。

5.JP DNSサーバ初の「ローカルノード」導入

 2021年7月12日にJPRSではJP DNSにおいて初となる、ローカルノードの運用を開始した。ローカルノードとすることでそれぞれの地域内におけるサービスの安定化、地域外における障害や状況の変化による影響の軽減を図ると共に、アクセスがより多くのサーバに分散されることで、JP DNSサーバ全体の安定性・信頼性が向上する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×