セキュアヴェイルとLogStare、グループ製品における「Log4shell」の影響を調査 | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

セキュアヴェイルとLogStare、グループ製品における「Log4shell」の影響を調査

 株式会社セキュアヴェイルと株式会社LogStareは12月13日、同社及び同社グループ製品におけるLog4jの影響について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 株式会社セキュアヴェイルと株式会社LogStareは12月13日、同社及び同社グループ製品におけるLog4jの影響について発表した。

 同社グループでは、Javaの著名なロギング用ライブラリ「Apache Log4j」に外部から任意のコードを実行(RCE)される可能性のある脆弱性(通称:Log4shell)が報告されたことを受け、同脆弱性の影響を受けるセキュリティ製品について随時調査を進め、同社の技術者ブログ「KnowledgeStare」で随時更新している。

 なお、同社グループが提供する下記製品・サービスでは現時点で影響がないことを確認済み。

セキュリティ運用(SOC)サービス「NetStare」
システム監視・ログ管理プラットフォーム「LogStare」
システム監視・運用サービス「CustomerStare」

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×