中小企業社員がやったことのある「会社のセキュリティルールの違反」ベスト10 | ScanNetSecurity
2024.07.18(木)

中小企業社員がやったことのある「会社のセキュリティルールの違反」ベスト10

 独⽴⾏政法⼈情報処理推進機構(IPA)は12月8日、全国の中⼩企業に勤務する従業員1,000名に対し実施したサイバーセキュリティに関するアンケート結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 独⽴⾏政法⼈情報処理推進機構(IPA)は12月8日、全国の中⼩企業に勤務する従業員1,000名に対し実施したサイバーセキュリティに関するアンケート結果を発表した。

 同調査によると、サイバーセキュリティ上の事故やトラブルが発生した回数は、2018年が平均2.8回、2019年が平均1.0回、2020年が平均0.6回、2021年(1~10月)が平均1.4回、トータルの年平均は1.4回という結果になった。

 その一方で、サイバーセキュリティ上の事故やトラブルに関して、企業が社外へ公表・公開等を行ったと回答したのは「複数回ある」18.1%、「1回ある」22.9%で計41.0%となった。

 同調査で中小企業で制定されている情報管理関連のルールについて、過去3年間でルールに違反を犯したことがあるが尋ねたところ、19.0%が違反したことがあると回答し、そのうち多くの⼈が複数回にわたってルール違反をしていたことが判明した。違反したルールの内容トップ10は下記の通り。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×