治験支援行うリニカルへのサイバー攻撃、犯⾏グループと交渉に応じず | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

治験支援行うリニカルへのサイバー攻撃、犯⾏グループと交渉に応じず

新薬開発の治験支援(CRO)専業を行う東証1部上場企業の株式会社リニカルは12月6日、不正アクセスによる個人情報流出の可能性について発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(不正アクセスによる個⼈情報等流出の可能性に関するお知らせとお詫び)
  • リリース(流出の可能性がある個⼈情報(個⼈情報の保護に関する法律第 2 条第 1 項)等)
  • リリース(発覚と対応の経緯1)
  • リリース(発覚と対応の経緯2 )
  • リリース(今後の対応 )

 新薬開発の治験支援(CRO)専業を行う東証1部上場企業の株式会社リニカルは12月6日、不正アクセスによる個人情報流出の可能性について発表した。同社では10月5日に不正アクセスに伴う原因究明のためにサーバの一時停止を、10月27日には同社グループの欧州子会社へのサイバー攻撃について公表していた。

 同社によると10月3日に、日本本社及び同社グループ台湾拠点のサーバに第三者からの不正アクセスの形跡を確認し、翌4日からサーバ復旧に向けて対応と不正アクセスの原因や被害の詳細調査を開始したが、欧州時間10月22日に、同社グループ欧州拠点での不正アクセスを確認したため、欧州内のネットワーク及び日本・アジア・米国とのネットワークを停止し、現地ITセキュリティ調査会社を含むチームで復旧対応と調査にあたっていた。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  3. 東京都教育委員会「Teams 事故再発防止委員会」設置

    東京都教育委員会「Teams 事故再発防止委員会」設置

  4. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  5. 誤報「安田講堂 学生排除のため東京大学が警察導入」が SNS で広まる

  6. 公益財団法人東京しごと財団で内部保存用のファイルを 488 社に誤送信

  7. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  8. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

  9. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

  10. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×