三菱UFJ銀行 クレジットカード番号をメール誤送信、「非表示」状態に気付かず | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

三菱UFJ銀行 クレジットカード番号をメール誤送信、「非表示」状態に気付かず

株式会社三菱UFJ銀行は12月2日、同行で発行するクレジットカード「三菱UFJ-VISA」の一部顧客情報を委託先である三菱UFJニコス株式会社が他金融機関にメールでの誤送信が判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(お客さま情報の漏えいに関するお知らせとお詫び)
  • リリース(発生原因)
 株式会社三菱UFJ銀行は12月2日、同行で発行するクレジットカード「三菱UFJ-VISA」の一部顧客情報を委託先である三菱UFJニコス株式会社が他金融機関にメールでの誤送信が判明したと発表した。

 これは11月24日に、三菱UFJニコス及び同社業務委託先が保有する国際ブランド主催のキャンペーン対象となった一部の参加者の顧客情報を、業務委託先に送信するために同社にて振り分けを行い、同日から翌25日にかけ各委託先計23社にそれぞれキャンペーン対象となった顧客情報を振り分けてメール送信したところ、振り分け時に使用した元データが「非表示」の状態で保存された状態であったことが判明したというもの。11月25日にデータを受信した委託先からの指摘で発覚した。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  3. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  4. 富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信を受け総務省が文書で指導

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  6. 症例情報は匿名化処理済みのため患者の特定はできず ~ QST病院にランサムウェア攻撃

  7. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  8. 富士通の複数の業務パソコンにマルウェア、個人情報を含むファイルを不正に持ち出せる状態に

  9. 「Fujitsu MICJET コンビニ交付」システム再停止、6/28 に新たな証明書誤発行

  10. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、従業員の個人情報漏えいが判明

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×