CrowdStrike、エンドポイントのデータへゼロトラストセキュリティを提供するSecureCircleを買収 | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

CrowdStrike、エンドポイントのデータへゼロトラストセキュリティを提供するSecureCircleを買収

クラウドストライク株式会社は11月21日、SecureCircleの買収について合意に至ったと発表した。SecureCircleは、エンドポイントのデータへゼロトラストセキュリティを提供するSaaSベースのサイバーセキュリティサービスを提供している。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 クラウドストライク株式会社は11月21日、SecureCircleの買収について合意に至ったと発表した。SecureCircleは、エンドポイントのデータへゼロトラストセキュリティを提供するSaaSベースのサイバーセキュリティサービスを提供している。

 クラウドストライクはSecureCircleの技術でデータ保護を革新させ、顧客によるデバイスレベル、アイデンティティレベル、データレベルでのゼロトラストの実現を可能にする。クラウドストライクはSecureCircleの革新的機能を活用し、データ保護に関する複雑な問題をエンドポイント上にあるCrowdStrikeの軽量Falconエージェントを介して提供される複数レベルでのゼロトラスト制御の実現で解決する。

 クラウドストライクはSecureCircleの技術を活用し、3段階(転送中、保存中、使用中)全てのデータを暗号化しエンドポイント上及びエンドポイントで送受信されるデータの保護を可能とする。また、CrowdStrike Zero Trust Assessmentと組み合わせ、個別のユーザーのゼロトラストのスコアに基づき、データアクセスと使用に関するポリシーを個別に管理することで動的なリスク軽減が可能となる。

 クラウドストライクの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のジョージ・カーツ(George Kurtz)氏は「今回の買収により、ユーザーがアクセスし使用するデータでもゼロトラストを実現することで、エンドポイントベースのデータ保護の新たな標準を打ち立てます」と述べている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×