Emotet 活動再開、IPAが注意喚起 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

Emotet 活動再開、IPAが注意喚起

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月16日、Emotetの攻撃活動再開について注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月16日、Emotetの攻撃活動再開について注意喚起を発表した。

 IPAによると11月14日頃から、Emotetの攻撃活動再開の兆候が確認されたという情報があり、Emotetへの感染を狙う攻撃メールの着信情報も複数観測している状況という。

 IPAでは、攻撃メールに添付されていたと推測されるWord文書ファイルとExcelファイルを確認したが、2021年1月までと同様の手口の攻撃とのこと。

 IPAでは引き続き、メールを経由して入手したOffice文書ファイルについて、信用できると判断できない場合は、「編集を有効にする」「コンテンツの有効化」ボタンはクリックしないよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×