NEC、MITRE ATT&CK v10のアップデートについて解説 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

NEC、MITRE ATT&CK v10のアップデートについて解説

日本電気株式会社(NEC)は11月12日、MITRE ATT&CK v10のアップデートについて、同社セキュリティブログで解説している。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 日本電気株式会社(NEC)は11月12日、MITRE ATT&CK v10のアップデートについて、同社セキュリティブログで解説している。

 同解説によると、10月21日に公開されたMITRE ATT&CK v10では、テクニックやグループ、ソフトウェアに新たなIDが追加され、データソースにもIDが割り当てができる。

 またATT&CK v10では、下記の通り新たに15個のテクニック、またはサブテクニックが追加されている。

・Persistence(永続化)
T1547.015 - Boot or Logon Autostart Execution: Login Items
T1505.004 - Server Software Component: IIS Components

・Privilege Escalation(権限昇格)
T1547.015 - Boot or Logon Autostart Execution: Login Items

・Defense Evasion(防御策の回避)
T1564.008 - Hide Artifacts: Email Hiding Rules
T1564.009 - Hide Artifacts: Resource Forking
T1562.010 - Impair Defenses: Downgrade Attack
T1562.009 - Impair Defenses: Safe Mode Boot
T1036.007 - Masquerading: Double File Extension
T1027.006 - Obfuscated Files or Information: HTML Smuggling
T1620 - Reflective Code Loading
T1218.014 - Signed Binary Proxy Execution: MMC
T1218.013 - Signed Binary Proxy Execution: Mavinject

・Discovery(発見)
T1619 - Cloud Storage Object Discovery
T1615 - Group Policy Discovery
T1614.001 - System Location Discovery: System Language Discovery

・Collection(収集)
T1213.003 - Data from Information Repositories: Code Repositories

 同解説ではこの内、「T1562.010 - Impair Defenses: Downgrade Attack」「T1562.009 - Impair Defenses: Safe Mode Boot」「T1619 - Cloud Storage Object Discovery」「T1213.003 - Data from Information Repositories: Code Repositories」についてコメントしている。

 またNECが、これまでMITRE ATT&CKに提供した脅威情報のうちv9で1件、v10で8件採用されたものについて紹介している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×