DevSecOps実現の課題解決に「クラウドの重大セキュリティ脅威 11の悪質な脅威」、事例を具体的社名を挙げ豊富に掲載 | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

DevSecOps実現の課題解決に「クラウドの重大セキュリティ脅威 11の悪質な脅威」、事例を具体的社名を挙げ豊富に掲載

一般社団法人日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は10月25日、「クラウド重大セキュリティ脅威対策-DevSecOpsのユースケース-」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 一般社団法人日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は10月25日、「クラウド重大セキュリティ脅威対策-DevSecOpsのユースケース-」を公開した。

 本資料はCSAジャパン クラウドセキュリティWGが、DevSecOps実現の課題解決のために「クラウドの重大セキュリティ脅威 11の悪質な脅威」を用いて、脅威を起点としたユースケースを整理、利用者がイメージしやすくなるようドキュメント作成を行ったもの。

 本資料では下記の11件のケースについて、概要とビジネスインパクトについて解説し、「クラウドの重大セキュリティ脅威 11の悪質な脅威」に記載ある事例として当てはまるものを具体的に挙げ、問題点と対応策、DevSecOps を踏まえた対処を紹介している。

1. データ侵害
2.設定ミスと不適切な変更管理
3.クラウドセキュリティアーキテクチャと戦略の欠如
4.ID・資格情報・アクセス・鍵の不十分な管理
5.アカウントハイジャック
6.内部者の脅威
7.安全でないインターフェースと API
8.弱い管理プレーン
9.メタストラクチャとアプリストラクチャの障害
10. クラウド利用の可視性の限界
11.クラウドサービスの悪用・乱用・不正利用

 各脅威別の「想定事例と実例」には、具体的な事故や侵害事例として、事故が発生した組織名や社名をバイネームで明記のうえ多数掲載しており、資料としての価値が高い。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×