中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇が同時に津軽海峡を通過 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇が同時に津軽海峡を通過

防衛省統合幕僚監部は10月18日、中国及びロシア海軍艦艇の動向について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 防衛省統合幕僚監部は10月18日、中国及びロシア海軍艦艇の動向について発表した。

 同省によると10月18日午前8時頃に、海上自衛隊が北海道奥尻島の南西約110kmの海域において、同海域を東進する中国海軍レンハイ級ミサイル駆逐艦1隻、ルーヤンIII級ミサイル駆逐艦1隻、ジャンカイII級フリゲート2隻及びフチ級補給艦1隻並びにロシア海軍ウダロイI級駆逐艦2隻、ステレグシチー級フリゲート2隻及びマルシャル・ネデリン級ミサイル観測支援艦1隻を確認しており、その後、これらの艦艇は津軽海峡を東進し、太平洋へ向け航行している。これら中国艦艇は10月11日に、対馬の南西海域で確認され、その後、対馬海峡を北東進したものと同一。

 中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇が同時に津軽海峡を通過することを同省が確認したのは、今回が初めてという。

 防衛省・自衛隊では、海上自衛隊第2航空群所属「P-3C」(八戸)、第45掃海隊所属「いずしま」及び「あおしま」(函館)で所要の情報収集・警戒監視を行っている。

 国家主導のサイバー攻撃といえばロシアや中国がすぐに思い浮かぶが、こういった海軍艦艇の動向もサイバー領域と地続きの事象である。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×