日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可 | ScanNetSecurity
2022.09.29(木)

日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

株式会社日立製作所は10月8日、日立グループの2021年12月13日以降の全てのメール送受信で、パスワード付きZIPファイルの利用を廃止すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社日立製作所は10月8日、日立グループの2021年12月13日以降の全てのメール送受信で、パスワード付きZIPファイルの利用を廃止すると発表した。

 いわゆるPPAPは、多くの人が利用可能で通信経路上の暗号化を保証する方式として今まで日立グループでも利用されてきたが、暗号方式としてセキュリティを担保できるものでなく、パスワード付きZIPファイルを添付することでセキュリティチェックを回避する、EmotetやIcedID、QakBotなどのマルウェアが広まっていた。

 日立グループでは12月13日以降、パスワード付きZIPファイルが添付されたメールは送受信されず、受信者と送信者の日立グループ従業員に対し、配送を抑止した旨がメール通知される。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×