新型コロナ用の緊急連絡メールの内容が閲覧可能状態に、閲覧権限に関する設定誤り | ScanNetSecurity
2024.03.03(日)

新型コロナ用の緊急連絡メールの内容が閲覧可能状態に、閲覧権限に関する設定誤り

大阪府は10月1日、府立茨木高等学校での個人情報を含むメールの流出について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 大阪府は10月1日、府立茨木高等学校での個人情報を含むメールの流出について発表した。

 これは8月30日に、休日や夜間に新型コロナウイルス感染等に関する保護者や生徒等からの連絡をメールで受け付け、内容を複数の教員で共有する「緊急連絡メール」宛に届いているメール内容が閲覧できる旨の電話連絡が保護者から同校の首席にあり、首席は管理職へ報告するとともに緊急連絡メールを構築した教諭に対し、事案確認と対応するよう依頼、教諭は全校生徒が緊急連絡メールを閲覧できないよう設定変更を実施したというもの。緊急連絡メールの運用開始時に、閲覧権限に関連する設定誤りで全校生徒が閲覧できる状態となっていたことが原因。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×