オリエンタルコンサルタンツが特別損失 約7億5,000万円計上、ランサムウェア攻撃被害 | ScanNetSecurity
2023.02.08(水)

オリエンタルコンサルタンツが特別損失 約7億5,000万円計上、ランサムウェア攻撃被害

株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングスは9月17日、同社サーバに対するランサムウェア攻撃に伴う特別損失の計上と業績予想の修正について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングスは9月17日、同社サーバに対するランサムウェア攻撃に伴う特別損失の計上と業績予想の修正について発表した。

 オリエンタルコンサルタンツグループでは8月15日と19日の2回にわたり、同社グループの複数サーバにランサムウェア攻撃があり、サーバ内に保管された業務関連データの多くが暗号化され、外部流出した可能性を8月20日に公表していた。

 オリエンタルコンサルタンツホールディングスでは8月13日に公表した2021年9月期(2020年10月1日~2021年9月30日)の連結業績について、ランサムウェア攻撃への復旧に向けた調査及び対応に伴う関連費用として約7億5,000万円の特別損失を計上する見込みで、また一部の案件において納品時期が当初の予定に対し遅延したことで売上高が当初の予想を下回る見込みとなり、前回発表予想の685億円から10億円マイナスの675億円になる。

 なお、グループ全社で経費削減等に取り組んだことで販売管理費が予想を下回る見通しとなったこと等で、営業利益及び経常利益については前回と同程度の見込みとなっている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×