翻訳ソフト販売ロゴヴィスタにSQLインジェクション攻撃、約12万8,000件の会員アドレスが流出 | ScanNetSecurity
2023.02.09(木)

翻訳ソフト販売ロゴヴィスタにSQLインジェクション攻撃、約12万8,000件の会員アドレスが流出

翻訳ソフトや電子辞典を扱うロゴヴィスタ株式会社は9月24日、同社サーバに第三者から不正アクセスがあり、個人情報の流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 翻訳ソフトや電子辞典を扱うロゴヴィスタ株式会社は9月24日、同社サーバに第三者から不正アクセスがあり、個人情報の流出が判明したと発表した。

 これは9月18日から22日にかけて、同社サーバに第三者からSQLインジェクションを利用した不正アクセスがあり、同社ユーザ登録者のメールアドレス流出の可能性が判明したというもの。顧客から9月24日に、ユーザ登録に利用した専用アドレス宛にスパムメールが届いた旨の連絡が同社にあり発覚した。

 流出した可能性があるのは、約12万8,000件のメールアドレス。

 同社では対象の顧客に対し、個別に謝罪と説明を行うとともに、不審メールが届いた場合には開封せずに削除するよう注意を呼びかけている。

 同社では一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)や関係当局等に報告を行っている。

 同社では不正アクセスを受けて、Webサイトに緊急メンテナンスを実施し、現在は新たなシステムで再始動している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×