オリンパスのEMEA地域のITシステムへの不正アクセス、マルウェアが原因と確認 | ScanNetSecurity
2023.02.09(木)

オリンパスのEMEA地域のITシステムへの不正アクセス、マルウェアが原因と確認

オリンパス株式会社は9月14日、9月11日に公表した同社一部地域のITシステムへの不正アクセスについて、対応状況と業務の復旧を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 オリンパス株式会社は9月14日、9月11日に公表した同社一部地域のITシステムへの不正アクセスについて、対応状況と業務の復旧を発表した。

 同社では9月8日に、同社のヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)における一部地域のITサーバへの不正アクセスを検出していたが、これはEMEA地域における販売、製造ネットワークの一部に影響を及ぼすマルウェアが原因と確認、該当地域でのデータ通信を遮断し、関連する取引先や関係当局に通知を行った。

 同社によると、同社の業務は通常通りに復旧しており、顧客や患者への医療機器やサービスの供給は確保されているという。また、同社データの損失や不正使用ならびに漏えいの痕跡は検出されていない。

 同社では今後、ITセキュリティを強化するための対策を講じるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×