ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表 | ScanNetSecurity
2023.02.09(木)

ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

オープンWebアプリセキュリティプロジェクト(OWASP)はこのほど、今年のWebソフトウェアの脆弱性のトップ 10 リストを公開した。

国際 TheRegister
 Open Web Application Security Project (OWASP)はこのほど、今年の Web ソフトウェアの脆弱性のトップ 10 リストを公開した。OWASP は、設計段階からソフトウェアに粗末なセキュリティホールが忍び込む事態を減らそうと広範な対策を行っており、今回のリスト公開もその一環だ。

 今年 OWASP のトップ 10 リストに新たに加わった欠陥には、「セキュリティの問題をはらむ設計」や「ソフトウェアおよびデータのインテグリティの問題」などがある。前者は特定の設計上の欠陥のこと、後者は「完全性を検証せずに、ソフトウェアの更新、クリティカルなデータ、および CI/CD パイプラインに関して誤った想定をしてしまうこと」を意味する。

 今回公開となったのは、一般から意見を募集したり専門家による審査を行うための草案だ。最終版は年内に公開予定だ。

 今年、現時点で最も頻発している Webアプリのセキュリティ上の欠陥は、ブロークンアクセスコントロールだ。OWASP はこの欠陥について、「ブロークンアクセスコントロールにあたる 34 種類の CWE* は、その他どのカテゴリよりもアプリケーション内での発生件数が多かった」と、落胆をにじませながら指摘している。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×