[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」 | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

IT業界以外の多くの人は、コンピュータが仕事を奪うと考えていますが、今回のランサムウェアの被害を見ると、少なくともそれと同じくらいの速さで、新しい、より興味深い種類の仕事が生み出されています。

国際

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  2. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  3. 最も大きなサイバー脅威は犯罪者ではなく国家

    最も大きなサイバー脅威は犯罪者ではなく国家

  4. CrowdStrike Blog:「サイバー界のAK47」、Mimikatzを利用したシグネチャベースの検知回避

  5. 【デジタル時代の著作権(2)〜スターデジオ判決2〜】(弁護士 中野和子)

  6. Demarc PureSecureのバグが不正な管理者アクセスを許可

  7. いまや攻撃サーバは海外には無い(The Register)

  8. 中国ロシア北朝鮮につづく、新鋭APT国家

  9. Red Hat社がvsftpdのアップデートパッケージをリリース

  10. Google の OSS ライブラリ依存関係マッピングツール試用レポート

アクセスランキングをもっと見る

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×