警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多 | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

警察庁は9月9日、令和3年(2021年)上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
 警察庁は9月9日、令和3年(2021年)上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について発表した。

 同庁によると、サイバー空間はランサムウェアによる被害が大幅に増加する他、サイバー攻撃が多数発生し、極めて深刻な情勢が続いているという。

 本調査によると、ランサムウェアに感染した際の復旧に要した期間について、1週間以内に復旧したものが19件と最多であったが一方で2ヶ月以上要したものもあった。ランサムウェア被害に関連して要した調査・復旧費用の総額については1,000万円以上の費用を要したものが15件で全体の39%を占めた。また感染経路については、VPN機器からの侵入が17件で全体の55%を占め、リモートデスクトップからの侵入が7件(23%)で続き、テレワーク等の普及を利用した侵入が全体の8割近くを占めた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×