Exchangeサーバへの攻撃、中国の人工知能の訓練用データ収集が目的か | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

Exchangeサーバへの攻撃、中国の人工知能の訓練用データ収集が目的か

3 月に、マイクロソフト Exchangeサーバを標的とした大規模な攻撃が発生した。

国際 TheRegister
 3 月に、マイクロソフト Exchange サーバを標的とした大規模な攻撃が発生した。NPR の取材に応じたアメリカ政府の当局者やコンピュータセキュリティの専門家は、その黒幕は中国であり、AIシステムのトレーニング用の情報を不正取得するための攻撃であった可能性があると明かした。

 今回の Exchange システムへの攻撃の実行犯である可能性があるのは、ハフニウムという中国政府のサイバースパイ集団だ。中国政府は一切の関与を否定している。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×