「Trend Micro CTF 2021 - Raimund Genes Cup」をオンライン開催、優勝チームには賞金100万円 | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

「Trend Micro CTF 2021 - Raimund Genes Cup」をオンライン開催、優勝チームには賞金100万円

トレンドマイクロ株式会社は8月30日、セキュリティ技術の知識や実践力を競い合う競技大会「Trend Micro CTF 2021 - Raimund Genes Cup」の開催を発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 トレンドマイクロ株式会社は8月30日、セキュリティ技術の知識や実践力を競い合う競技大会「Trend Micro CTF 2021 - Raimund Genes Cup」の開催を発表した。

 本大会はサイバーセキュリティ人材の育成を目的に2015年から開始し、今年で7回目となる。2020年には66カ国から700チーム以上が参加している。

 今年の大会は、予選と決勝戦の2つのラウンド開催、予選は日本時間9月18日から19日にかけてオンラインで行われ、競技者はチーム毎に「ジェパディ(Jeopardy)」形式で問題に挑戦し、問題解決能力を競う。

 予選の上位10チームは、12月18日から19日にオンラインで行われる「ダイナミック・ジェパディ形式(Dynamic Jeopardy)」の決勝戦への出場権を獲得する。

 本大会では、エクスプロイト、オープンソースインテリジェンス(OSINT)、モバイル、IoT、機械学習など、サイバーセキュリティの様々な重要分野の問題が出題される。

 決勝戦の優勝チームには、賞金100万円、優勝チームの各プレーヤーはZero Day Initiative Rewards Program 15,000ポイントが与えられ、 2位には30万円、3位には20万円の賞金が与えられる。さらに決勝戦の優勝チームには、2022年に開催予定のTrend Micro CTFのシード権を獲得できる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×