沿岸技術研究センター職員のメールへ不正アクセス、5月に続き再び | ScanNetSecurity
2023.02.06(月)

沿岸技術研究センター職員のメールへ不正アクセス、5月に続き再び

一般財団法人沿岸技術研究センターは8月27日、8月13日に公表した同財団への不正アクセスについて続報を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 一般財団法人沿岸技術研究センターは8月27日、8月13日に公表した同財団への不正アクセスについて続報を発表した。

 これは8月12日に、同財団職員のメールへの不正アクセスが確認されたというもので、同財団によると現時点で、情報流出等の事象は確認されていないという。

 同財団では不正アクセス確認後、当該職員を含む全職員のメールアカウントのパスワード変更を実施、その後の不正アクセスはない。

 同財団では5月21日にも、職員のメールアドレスへの不正アクセスで、当該職員のアドレスから外部への不正メールの送信を5月14日に確認したことを公表しており、当該職員を含む全職員のメールのパスワードの変更を行っていた。なお不正メールは海外に送信されており、ドイツ語で記載されていた内容は、荷物の再配達の問い合わせを装って海外のWebサイトへ誘導するものであった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×