サイバートラスト、AWSで動く監視用バーチャルアプライアンス「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0 for AWS」提供開始 | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

サイバートラスト、AWSで動く監視用バーチャルアプライアンス「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0 for AWS」提供開始

サイバートラスト株式会社は8月30日、AWS上にインポートし動作するシステム監視用バーチャルアプライアンス「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0 for AWS」を8月31日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 サイバートラスト株式会社は8月30日、AWS上にインポートし動作するシステム監視用バーチャルアプライアンス「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0 for AWS」を8月31日から提供開始すると発表した。

 「MIRACLE ZBX Virtual Appliance」は、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースに機能拡張を行った統合システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」に、データベース、Web サーバを一体型にして最適化した状態の仮想アプライアンス製品。VMware 仮想化基盤を活用する企業を主な対象に、仮想化環境での監視ニーズに応えるために、OS 設定や監視サーバと データベースのパフォーマンスチューニングを実施、AWS 環境への監視サーバのインストールと構築を容易に実現する。

 「MIRACLE ZBX Virtual Appliance for AWS」の導入で、AWS 上のシステムと、オンプレミスのシステムを1つのソフトウェアで一元的に監視することが容易になり、監視ポリシーや監視設定を統一でき、管理コストやオペレーションコストの削減ができる。オンプレミス環境の「MIRACLE ZBX Virtual Appliance Suite」と一緒に利用することで「MIRACLE ZBX Virtual Appliance Suite」に含まれる統合ビューアで、AWS 上の MIRACLE ZBX サーバとオンプレミス環境での MIRACLE ZBX サーバの監視画面を統合、障害情報を一元的に閲覧可能になり運用を効率化できる。

 「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0 for AWS」では、監査ログ出力やパスワードポリシー強化、DB パスワード暗号化など、従来 OSS 版で提供されている Zabbix にはないセキュリティ機能の強化により、米国標準技術研究所(NIST)のセキュリティガイドライン NIST SP800-171 及び NIST SP800-53 の要件に準拠、仮想化環境でも高可用性を実現し、監視要件の変更や監視対象の増加にも対応可能となっている。

 本製品はサポートサービスも含んだ年間のサブスクリプションとして提供され、監視対象台数に応じた価格設定で増減に応じてコスト削減できる。監視対象台数499台までの価格は1年で170万円(税抜)。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×