自動運転走行時に死亡事故、「データ改竄」と告発された中国の自動車メーカー | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

自動運転走行時に死亡事故、「データ改竄」と告発された中国の自動車メーカー

死者を出した事故後に車両データが改ざんされたとの申し立てを受け、警察が中国の電気自動車メーカーを捜査中である。

国際 TheRegister
 死者を出した事故後に車両データが改ざんされたとの申し立てを受け、警察が中国の電気自動車メーカーを捜査中である。

 リン・ウェンキン氏(31)は 8 月 12 日、NIO の ES8 で運転支援システムを利用中、衝突事故に巻き込まれ死亡した。中国の国営メディア、グローバル・タイムズによると、ウェンキン氏の車は瀋海高速道路で建設用車両と衝突した

 8 月 17 日、同氏の家族は、衝突車両のデータが自動車メーカーNIO の社員らにより改ざんされていたと述べた。家族は、衝突後に問題の 7 人乗り SUV に手を触れたと社員らが認めた音声・映像記録を警察に提出した。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×