脆弱性管理クラウド「yamory」にオープンソースライセンス違反検知の新機能 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

脆弱性管理クラウド「yamory」にオープンソースライセンス違反検知の新機能

ビジョナル・インキュベーション株式会社は8月26日、脆弱性管理クラウド「yamory」にて、ITシステムのOSとミドルウェア・開発言語の脆弱性を自動で検知し管理・対策ができる機能及びライセンス違反を検知する機能を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ビジョナル・インキュベーション株式会社は8月26日、同社が運営する脆弱性管理クラウド「yamory」にて、ITシステムのOSとミドルウェア・開発言語の脆弱性を自動で検知し管理・対策ができる機能及びオープンソースのライセンス情報を可視化しライセンス違反を検知する機能を同日から提供開始すると発表した。

 同社の「yamory」は、複数のITシステムに潜む脆弱性を自動で検知し、管理と対策を行うクラウド上で一元管理するサービスで、従来はアプリケーション内で利用するライブラリ・フレームワークにおける脆弱性を対象としていた。

 今回の新機能で、ITシステムの脆弱性とオープンソースのライセンス違反を一元管理できるサービスとなり、脆弱性の管理と対策でサイバー攻撃から組織を守りつつ、ITシステムからの情報漏えいとオープンソースライセンス違反による法的リスクの軽減を実現する。

 「yamory」は独自で構築した脆弱性のデータベースを使い、危険度のレベルを算出、対応の優先度を自動で判断するオートトリアージ機能を搭載する。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×