「マイナンバーカード申請したくない」3 分の 1 が個人情報漏えい懸念 | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

「マイナンバーカード申請したくない」3 分の 1 が個人情報漏えい懸念

株式会社NTT データ経営研究所は8月24日、「多様な民間サービスでの活用促進に向けたマイナンバーカード意識調査」の結果を公表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 株式会社NTT データ経営研究所は8月24日、「多様な民間サービスでの活用促進に向けたマイナンバーカード意識調査」の結果を公表した。

 同調査では、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が提供する「NTTコム リサーチ」に登録した20から60代の一般市民1,079人を対象に、今後考えられるマイナンバーカードによる新規サービスへの利用意向を把握し、マイナンバーカードの促進につながる「利用者視点」の民間サービスなどを明らかするため調査分析を行った。

 同調査によると、マイナンバーカード取得状況は、取得済み(申請中を含む)の回答が54.3%と最多で、次いで取得意向がなく取得していないの回答が32.3%、取得意向があり取得予定の回答が13.3%の順であった。

 年代では、20代の未取得者が最多で、その理由として「特に理由はない」が30.9%で最多となりマイナンバーカードに対して無関心であることが明らかになった。一方で、20代の取得者及び取得予定者は、取得(予定)理由として「身分証明書として使えるから」が29.8%で最多となり、次いで「利用したいサービスがあったから」が27.5%で他の年代と比べて高く、若い世代への取得促進には興味関心を引くサービス開拓が有効であることが判明した。

 また、現在のマイナンバーカードで利用できるサービスの利用意向について、公共と民間サービスで利用したいサービスがあるか調査したところ、それぞれ「特に無い」が46.3%、71.5%と最多となり、国民のニーズを十分に満たした既存サービスが少ないことが分かった。

 マイナンバーカードでの新規サービスについて、結婚や出産、死亡などの人生の節目に必要となる公共手続サービス及びワクチン接種者向け航空券予約サービスなどの新型コロナに関連する官民連携サービスに、50%以上の利用意向があった。

 マイナンバーカード未取得者で「申請したくない」と回答した層にその理由について調査したところ、「なくても生活が出来るから」が48.1%で最多となり、次いで「サービス自体は良いが、個人情報の漏えいが心配だから」が34.3%に、「サービスを利用出来るシーンが少ないから」が29.6%と続いた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×