ランサムウェア身代金要求 30億円以上 三割、バラクーダ調査 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

ランサムウェア身代金要求 30億円以上 三割、バラクーダ調査

バラクーダネットワークスジャパン株式会社は8月23日、「バラクーダの注目する脅威:ランサムウェアの傾向」について調査結果を発表した。バラクーダの調査担当者は、2020年8月から2021年7月に発生したランサムウェア攻撃を分析した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 バラクーダネットワークスジャパン株式会社は8月23日、「バラクーダの注目する脅威:ランサムウェアの傾向」について調査結果を発表した。バラクーダの調査担当者は、2020年8月から2021年7月に発生したランサムウェア攻撃を分析した。

 同調査によると、過去12ヶ月間にバラクーダの調査担当者が確認したランサムウェアのインシデントは121件で、前年比で64%増加、サイバー犯罪者は依然として自治体や医療、教育業界を重点的に狙っているが、その他の企業への攻撃も急増している。インフラ、旅行、金融サービスなどを含む企業への攻撃は、2020年調査では全体の18%だったが、過去12ヶ月間では57%となり、そのうちインフラ関連は全体の11%を占めている。

 また身代金額は劇的に増加しており、現在は1件あたりの平均身代金要求額は1,000万ドルを超え、1,000万ドル未満のインシデントはわずか18%に、3,000万ドル以上のインシデントは30%となっている。

 ランサムウェア攻撃は依然として、米国内の組織に対して集中的に行われており、半数弱(44%)が米国の組織を標的としているが、一方でEMEA(欧州・中東・アフリカ地域)は30%、アジア太平洋地域は11%、南米は10%、カナダ・メキシコは8%と世界中に拡大している。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×