メルカリの「Codecov」利用に起因する不正アクセス詳細調査、新たに38件の外部流出確認 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

メルカリの「Codecov」利用に起因する不正アクセス詳細調査、新たに38件の外部流出確認

株式会社メルカリは8月6日、5月21日に公表したコードカバレッジツール「Codecov」利用に起因する第三者からの不正アクセスによる同社のソースコードの一部及び一部顧客情報の流出について、調査結果を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 株式会社メルカリは8月6日、5月21日に公表したコードカバレッジツール「Codecov」利用に起因する第三者からの不正アクセスによる同社のソースコードの一部及び一部顧客情報の流出について、調査結果を発表した。同社では外部の専門企業の協力のもと、影響範囲に関する詳細な調査を進めていた。

 調査結果によると、新たにフリマアプリ「メルカリ」で2015年12月から2019年2月の間にカスタマーサービス対応に関連した一部顧客情報(氏名、住所、生年月日、取引メッセージ)が13件、同社子会社を含む一部従業員等に関する情報(2021年4月時点の一部従業員の氏名、会社メールアドレス、従業員ID等、過去の在籍者や一部外部委託先含む)25件の外部流出を確認している。

 同社でこれまでに流出を確認した情報の累計は、5月21日公表分の27,889件と合わせて27,927件となる。なお現時点で、流出した情報が悪用されたことによる被害等は確認されていない。

 同社では今後、グループ横断でセキュリティ対策の継続的な強化に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×