NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒 | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は7月21日、重要インフラ事業者等に向けて夏季休暇等に伴うセキュリティ上の留意点について注意喚起を行った。

脆弱性と脅威 脅威動向
 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は7月21日、重要インフラ事業者等に向けて夏季休暇等に伴うセキュリティ上の留意点について注意喚起を行った。

 NISCでは、長期化する新型コロナウイルス感染症対応に乗じたサイバー攻撃が確認されたことに加え、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃についても警戒している。

 NISCでは夏期休暇等に際し、「テレワークに関するセキュリティリスク」「ランサムウェアに関するセキュリティリスク」「新たに確認された脆弱性に関するセキュリティリスク」「東京 2020 大会に関するセキュリティリスク」「長期休暇に伴うリスク」を含め対応等の検討が必要であるとし、それぞれ具体的なチェックポイントを紹介している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×