モリサワのメールアカウントに不正アクセス、従業員とのやり取り装う英文フィッシングメール送信 | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

モリサワのメールアカウントに不正アクセス、従業員とのやり取り装う英文フィッシングメール送信

株式会社モリサワは7月7日、同社従業員のメールアカウントに対する不正アクセスについて発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(当社従業員メールアカウントへの不正アクセスに関するお詫びとご報告)
  • リリース(影響範囲および今後の対応)
 株式会社モリサワは7月7日、同社従業員のメールアカウントに対する不正アクセスについて発表した。

 これは5月26日に、同社従業員とのやり取りを装った英文のフィッシングメールが、同社宛てに複数送信されたことを検知し社内調査を行ったところ、5月4日以降に、同社従業員3名のメールアカウントに海外からの不正アクセスが複数回行われたことが判明したというもの。

 同社によると、同社従業員のメールアカウントを踏み台にした不正メール送信は確認されていないが、同社従業員とのやり取りを装った英文のフィッシングメール送信を確認している。また、当該アカウントのメールボックス内の情報がダウンロードされた痕跡は確認されていないが、メールボックス内の記載が読み取られた可能性があるため、同社では影響を受けた可能性がある取引先に対し、順次連絡を行っている。

 なお、不正アクセスとフィッシングメールとの直接的な関連性は確認されていない。

 同社では5月26日に、同社従業員3名のメールアカウントのパスワードを変更済みで、以降、不審なアクセスは確認されていない。またPCのウイルスチェックも実施し、感染がないことを確認している。

 同社では調査結果を踏まえ、セキュリティ強化策を実施し、今後は更に不正アクセスを防止するための再発防止策を実施するとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  3. 東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

    東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

  4. 臨地実習で個人情報記載の書類を紛失、匿名の届け出で判明(共立女子大学)

  5. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  6. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

  7. イセトーへのランサムウェア攻撃、リークサイトにダウンロード URL 出現も現在はファイルが消失

  8. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

  9. 護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

  10. 上智大学でシートの削除漏れ、全正規生 13,949 名の個人情報を海外協定校に誤送信

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×