国際物流大手 日新の米国子会社へ不正アクセス、ダークウェブで流出情報を確認 | ScanNetSecurity
2024.02.23(金)

国際物流大手 日新の米国子会社へ不正アクセス、ダークウェブで流出情報を確認

国際物流大手で東証1部の株式会社日新は7月2日、同社の米国子会社のサーバへのサイバー攻撃について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 国際物流大手で東証1部の株式会社日新は7月2日、同社の米国子会社のサーバへのサイバー攻撃について発表した。

 これは5月6日に、同社の米国子会社のサーバにサイバー攻撃があり、情報が盗取されダークウェブに記載されたことが判明したというもの。同社によると、本件に関しては現地の捜査当局で調査を行っており、ダークウェブに記載された情報の内容及びサイバー攻撃の経路について現時点では不明という。

 米国子会社では、攻撃のあったサーバの外部とのアクセスを遮断し、システムのリカバリー処理を実施、現在は復旧している。

 なお今回の不正アクセスは、米国子会社のサーバにのみ行われた者で、他の同社グループ企業のシステムに問題はない。

 米国子会社では本件サーバに対し、従来のセキュリティ対策に加え、リアルタイムで監視する新たな防御ソフトを導入し、被害を最小限に抑える対策を実施済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×