不正アクセスで医用画像参照システムがダウン、発生 3 週間 一部の画像閲覧できない状況続く | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

不正アクセスで医用画像参照システムがダウン、発生 3 週間 一部の画像閲覧できない状況続く

地方独立行政法人市立東大阪医療センターは6月22日、6月7日に公表した医用画像参照システムサーバのダウンについて続報を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 地方独立行政法人市立東大阪医療センターは6月22日、6月7日に公表した医用画像参照システムサーバのダウンについて続報を発表した。

 同センターでは5月31日未明に、医用画像参照システムサーバがダウン、復旧作業を進めていたが同センターで過去に撮影した画像データの一部が閲覧できない状況が続いていた。

 同センターでの調査の結果、本障害の原因が外部からの不正アクセスであることが判明、6月22日に警察に被害届を提出した。

 同センターでは、システム障害の発生当初、一部の来院患者及び診察予約患者に予約日の変更等依頼したが、現在は当面の診療に支障がない状態まで復旧した。しかし、依然として同センターで過去に撮影した画像データの一部が閲覧できないという状況が続いており、引き続き復旧作業を進めている。

 同センターでは今後、復旧作業を続けるとともに他システムへの影響の防止及び新サーバの稼働などのあらゆる措置を講じ再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×