大阪メトロサービスのメールサーバへ不正アクセス、不審メール送信の踏み台に | ScanNetSecurity
2024.02.22(木)

大阪メトロサービスのメールサーバへ不正アクセス、不審メール送信の踏み台に

株式会社大阪メトロサービスは6月7日、同社のメールサーバに不正アクセスがあり、6月4日から5日にかけて同社の特定のメールアドレスを踏み台にした「なりすましメール」の大量送信が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 株式会社大阪メトロサービスは6月7日、同社のメールサーバに不正アクセスがあり、6月4日から5日にかけて同社の特定のメールアドレスを踏み台にした「なりすましメール」の大量送信が判明したと発表した。

 同社では本件発覚後、当該メールアドレスのパスワードを変更し、その後も状況を継続的に監視している。

 同社では「@osakametro-service.jp」から不審メールが届いた場合は、本文中に記載されているURLへのアクセスや添付ファイルの開封をせずに、メールごと削除するよう注意を呼びかけている。

 なお同社によると、顧客データ等の漏えいはないという。

 同社では今後、情報セキュリティに関して強化を図り再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×