Thales 製 Sentinel LDK Run-Time Environment に不十分なアンインストール処理の脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

Thales 製 Sentinel LDK Run-Time Environment に不十分なアンインストール処理の脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月9日、Thales 製 Sentinel LDK Run-Time Environment における不十分なアンインストール処理の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月9日、Thales 製 Sentinel LDK Run-Time Environment における不十分なアンインストール処理の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Sentinel LDK Run-Time Environment Versions 7.6 およびそれ以前
(既にアンインストールした環境にも影響がある)

 JVNによるとThales 社が提供する Sentinel LDK Run-Time Environment には、インストール時に「Sentinel License Manager」というファイアウォールルールを追加するが、これは1947/TCP ポートに対し、プライベートネットワークからの受信、接続を許可するもので、当該製品のアンインストール時に 1947/TCP ポートの閉鎖に失敗し、開放した状態になる脆弱性が存在し、遠隔の第三者によって、システムへ接続される可能性がある。

 JVNでは、開発者が提供する情報をもとにファームウェアを最新版にアップデートするか、当該製品の利用を停止する場合には「purge option」を選択しアンインストールするか、または当該製品をすでにアンインストールしている場合は、1947/TCP ポートの閉鎖を行うよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×