DIT、CrowdStrike Falconと連携しリモートでインシデントレスポンス | ScanNetSecurity
2021.06.22(火)

DIT、CrowdStrike Falconと連携しリモートでインシデントレスポンス

株式会社ディアイティは6月1日、企業ネットワークやテレワーク環境等で発生したサイバー攻撃を遠隔からインシデント・レスポンスの支援をするクラウドサービス 「CSIRT Cloud」を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ディアイティは6月1日、企業ネットワークやテレワーク環境等で発生したサイバー攻撃を遠隔からインシデント・レスポンスの支援をするクラウドサービス 「CSIRT Cloud」を同日から提供開始すると発表した。

 「CSIRT Cloud」の第1弾となる「CSIRT Cloud with CrowdStrike」では、CrowdStrike Falcon プラットフォームと連携、パソコン、スマートフォン、タブレット、サーバ、クラウドワークロードを常時監視し、サイバー攻撃検知時には、 企業のCSIRTやシステム担当者のインシデント・レスポンスを遠隔から支援する。

 「CSIRT Cloud with CrowdStrike」は、CrowdStrike Falcon プラットフォームが検知したアラートを起点に、 検知端末をネットワークから自動隔離する「封じ込め」と「調査」等を実施し顧客に通知。CrowdStrike Falcon プラットフォームのログを最長1年間、保管するとともに、インシデント発生時はデジタル・フォレンジック、ログ調査、危機管理等、同社の各種サービスへ移行できる。

 「CSIRT Cloud with CrowdStrike」の価格はオープンプライスで、監視対象100台から提供可能。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×