日本の大企業 EDR 導入 2 割止まり、タニウムが調査結果公表 | ScanNetSecurity
2022.07.03(日)

日本の大企業 EDR 導入 2 割止まり、タニウムが調査結果公表

タニウム合同会社は5月27日、「国内EDR実態調査」の結果を発表した。同調査は2月3日から2月4日に、主に大企業のIT管理者と担当者5,563名を対象に株式会社アイ・ティ・アールに委託しWebアンケートを実施、644件の有効回答があった。

調査・レポート・白書

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  2. 「東芝グループ サイバーセキュリティ報告書2022」公表、成熟度自己評価も掲載

    「東芝グループ サイバーセキュリティ報告書2022」公表、成熟度自己評価も掲載

  3. セキュリティ事故が起こるといくらお金がかかるのか、JNSAが画期的資料公表

    セキュリティ事故が起こるといくらお金がかかるのか、JNSAが画期的資料公表

  4. 公安調査庁「国際テロリズム要覧2022」、テロ組織の暗号資産活用や重要インフラへのサイバー攻撃 ほか

  5. トレンドマイクロが復活したEmotetの脅威動向を解説、感染被害の多くは日本

  6. 企業のRDPアクセスの販売価格は2,000ドルから ~ ダークウェブ調査

  7. 産業化するランサムウェア ~ 被害インパクトは攻撃者のスキル高低と関係がない

  8. Shodan Trendsでみるウクライナ情勢

  9. SNS上で誹謗中傷を受けた経験が「ある」12.0%(日本財団)

  10. IoTの認識の差がインシデント発生率の差に、2年間で約90億円損失した企業も(デジサート・ジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×