日本の大企業 EDR 導入 2 割止まり、タニウムが調査結果公表 | ScanNetSecurity
2021.06.22(火)

日本の大企業 EDR 導入 2 割止まり、タニウムが調査結果公表

タニウム合同会社は5月27日、「国内EDR実態調査」の結果を発表した。同調査は2月3日から2月4日に、主に大企業のIT管理者と担当者5,563名を対象に株式会社アイ・ティ・アールに委託しWebアンケートを実施、644件の有効回答があった。

調査・レポート・白書
EDRの認知度、EDRとアンチウイルスの違い
  • EDRの認知度、EDRとアンチウイルスの違い
  • EDRの導入検討状況、EDR導入で困ったこと
  • EDRの検知・対応頻度、導入済みEDRへの改善要望
  • EDR導入後、経営層の評価が低い理由
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. SNS上で誹謗中傷を受けた経験が「ある」12.0%(日本財団)

    SNS上で誹謗中傷を受けた経験が「ある」12.0%(日本財団)

  2. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  3. 2020年のウイルス届出件数、前年から7割増となる449件、「Emotet」感染被害は39件に

    2020年のウイルス届出件数、前年から7割増となる449件、「Emotet」感染被害は39件に

  4. 2020年不正アクセスの実態を公表、犯行手口はフィッシングサイトからの入手が最多

  5. 「デジタル子会社」に分類される企業は47社中5社と僅か、不足する職種や能力を補う方法を提示

  6. SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

  7. サイバー犯罪のグローバル損失は約100兆円、世界GDPの1%相当 ~ マカフィー・CSIS共同調査

  8. いじめに関する緊急アンケート調査の結果を公表、インターネット上での被害は中学7.4%、高校16.0%(奈良県教育委員会)

  9. フィッシング詐欺成功率、アウェアネストレーニングでどこまで改善したか(KnowBe4 Japan)

  10. IDC Japan、セキュリティサービス市場は2025年に1兆230億円に拡大と予測

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×