「ディノスオンラインショップ」にパスワードリスト型攻撃、41件の顧客情報が閲覧された可能性 | ScanNetSecurity
2024.03.01(金)

「ディノスオンラインショップ」にパスワードリスト型攻撃、41件の顧客情報が閲覧された可能性

株式会社DINOS CORPORATIONは5月14日、同社が運営する「ディノスオンラインショップ」にて、パスワードリスト型攻撃による不正アクセスが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社DINOS CORPORATIONは5月14日、同社が運営する「ディノスオンラインショップ」にて、パスワードリスト型攻撃による不正アクセスが判明したと発表した。

これは5月12日に、「ディノスオンラインショップ」に対し海外のIPアドレスから外部で不正に取得されたと推測されるID(メールアドレス)、パスワードを使用した「なりすまし」による不正アクセスが1,605回にわたって発生し、一部の顧客情報が閲覧された可能性が判明したというもの。

閲覧された可能性があるのは、41名分の顧客のトップページ掲載情報(氏名、会員ステータス、割引率)。なお、これらの顧客情報がファイルとして出力、転送およびダウンロードされ外部流出していないことは確認済み。

同社では不正ログイン判明後、対象のIDでログインできないよう対応し、不正アクセスが行われた特定IPアドレスからのアクセスをブロック、当該顧客に状況を連絡している。

同社では当該サイトにて、IDとパスワード管理徹底の依頼と注意喚起を継続して掲出している。

同社では今後、さらなるセキュリティレベルの向上策を検討するなど、オンラインショップの信頼性向上に引き続き努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×