プルーフポイント、アウェアネストレーニングの日本語β版提供開始 | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

プルーフポイント、アウェアネストレーニングの日本語β版提供開始

日本プルーフポイント株式会社は4月28日、セキュリティ意識向上トレーニング「Proofpoint Security Awareness Training」の日本語版ユーザーインターフェース ベータ版の提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本プルーフポイント株式会社は4月28日、セキュリティ意識向上トレーニング「Proofpoint Security Awareness Training」の日本語版ユーザーインターフェース ベータ版の提供開始を発表した。

「Proofpoint Security Awareness Training」では、適切なトレーニングを従業員に提供し、標的型脅威インテリジェンスに基づいた教育を行うことで、企業がユーザーのリスクを特定し、従業員の行動を変え、サイバーリスクにさらされる危険性を減らすことができる。

同トレーニングは、国内で100社以上の顧客に利用されており、9つのカテゴリーにおける700以上のトレーニング、啓発、管理用コンテンツを提供している。毎月新しいコンテンツをリリースする他、既存コンテンツも常に査定を行い、新しいベストプラクティスに沿っているかを確認している。

同社のサイバーセキュリティ エバンジェリストの増田幸美氏は「(前略)Proofpoint Security Awareness Trainingの管理プラットフォームを日本語で利用できるようになり、組織のセキュリティおよび意識向上のためのトレーニングプログラムをこれまで以上に簡単に作成、管理できるようになります。(後略)」と述べている。

「Proofpoint Security Awareness Training」は、6年連続でガートナー社のマジック クアドラントでリーダーに認定、「2021年サイバーセキュリティ・エクセレンス・アワード」の「Best Cybersecurity Education Provider」および「Best Security Awareness Program」で金賞を受賞している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×